ココナッツオイルのスカルプケア

ココナッツオイルのスカルプケア|効果と使い方

ココナッツオイルはスカルプケアに効果的というのはご存じない方もおられるかも知れません。

 

実は、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸やビタミンEトコフェロール、ラウリン酸の効果で
頭皮のフケやかゆみ、皮脂トラブルによる薄毛や抜け毛の改善も期待出来ると言われています。

 

というのも、ココナッツオイルのこれらの成分には、殺菌・抗菌作用、
ターンオーバーサイクルを整える抗酸化作用、血流を改善する効果、
ヘアサイクルを正常に整える栄養になる効果もあるからです。

 

このページでは、これらの効果を出せるようにする使い方、頻度、注意点などを一緒に見て行きたいと思います。

ココナッツオイルのスカルプケアのやり方

ココナッツオイルでやるスカルプケアは、基本的にアーユルヴェーダ施術を受けられるヘアサロンで行われる『頭皮クレンジング』です。

 

こう聞くと、もしかしたら難しいんじゃないの?と思われるかも知れませんが、全然簡単なんですよ♪

 

やり方は、お風呂に入ってシャンプーをする前、髪を濡らす前に手にココナッツオイルを取って、指先で頭頂部から、髪の生える流れに沿ってマッサージするように塗り込むだけです。

 

マッサージが終わったら、頭皮の毛穴からココナッツオイルの抗酸化作用のある成分や栄養素が浸透するように、1〜2分置いてあげて、それから普通にシャンプーをするだけです。

 

1回の頭皮クレンジングでココナッツオイルを使う量は、コーヒースプーン1杯弱です。

ココナッツオイル・スカルプケアの頻度や注意点

頻度は週1回のスペシャルケアというのが基本になります。

 

フケやかゆみ、ニオイが気になる方は、小まめにやりたくなる方もいると思いますが、
ココナッツオイルの油分で酸化した頭皮の皮脂を乳化させて落とし切ってしまいます。

 

そのためあまり細かい頻度で行うのは頭皮の乾燥を招いてしまう恐れもあるため、あまりおすすめ出来ません。

 

また、注意点としては頭皮を傷つけるような力を入れずに、指の腹を使って揉みこむような加減でマッサージしてあげて下さい。

 

そして、いちばん大切な注意点としては、もしココナッツオイルで頭皮クレンジングをやってみて、頭皮に赤みや湿疹が出来たという場合は速やかに使用をやめて様子を見て下さい。

 

その理由は、先ほどもご紹介した通り、ココナッツオイルの油分で皮脂を取り除きすぎてしまって、
皮脂バランスや頭皮の常在菌バランスが一時的とはいえ乱れている可能性が考えられるからです。

 

また、ココナッツオイルの頭皮クレンジングの後のシャンプーは、その前に充分にすすいであげて、頭皮に残った油分を洗い流してください。

 

そうする事で、シャンプーの泡立ちが良くなって髪の毛や頭皮に浮かび上がった汚れをするんと落としてくれるため効果が上がりやすいんですよ。