ココナッツオイルとMCTオイルってどっちが良い?

ココナッツオイルとMCTオイルはどちらが良いか比べてみた!

ココナッツオイルというとどんなことを想像されますか?
ダイエットに良い?
肌に良い?
海外セレブも夢中で使っている?このようなイメージがある方も多いと思います。
でも実際にココナッツオイルというのはそんなに高いものではありませんし、
2,000円もあれば立派なココナッツオイルが結構な量のものが手に入ります。
また、コストコなどでも品質さえ気にしなければココナッツオイルをもっと安く手に入れることもできます。

 

また、最近では、2017年1月にTBS系のテレビで放送された
ダイエット総選挙の中でMCTオイルというものが
とてもダイエット効果が高いということで注目されていましたが
あのMCTオイルの中佐脂肪酸というのも実はココナッツオイルの中の主成分で約60%位が
中佐脂肪酸でできてるのはココナッツオイルなんです。

 

このようにちゃんと成分がしっかりしていてダイエット効果や、
美肌効果、ヘアケア、スカルプケアなどの効果をしっかりと期待するものだったらやはり良いココナッツオイルを選ぶ必要があります。

 

その基準となるのが「エキストラバージンココナッツオイル」なんです。

 

ですがこのココナッツオイルのエキストラバージングレードの物でも、国内のナチュラルヘルシースタンダードのココナッツオイルの場合だと、
500mlで1本あたり1,900円位ということで、先ほど軽く触れたダイエット総選挙で登場した
MCTオイルに比べるとかなりコストパフォーマンスが優れているんです。ちなみにMCTオイルというのは
日清などのオイルメーカーでも発売されている完全な人工物のオイルなのですが、
このMCTオイルの場合300mlで3,000円以上という今はとても高い値段がついています。
もちろん今現在値段が高くなってしまっているのは、ダイエット総選挙によるメディアでの注目効果もあると思います。
ある程度は仕方がないとは思いますが、でもそれにしてもココナッツオイルよりもはるかに高いのがMCTオイルなんです。

 

またMCTオイルが注目されたきっかけとしてもう一つあるのはアメリカのある出版社から出版された本でした。
それは「シリコンバレー色完全無欠コーヒー」という飲むだけで痩せると言われるコーヒーの登場なんです。

 

それは、コーヒー2中佐脂肪酸のオイルを加えて、さらにそれを崩さないように文を加えるために
無塩バターのグラスフェットバターと呼ばれるバターを載せます。
そして飲むのですが、その完全無欠コーヒーというのが飲むだけで
毎日500gずつ痩せていくと言われるほど強力なダイエット効果を出すと言われているんです。

 

ですが、MCTオイルの効果の理由は先ほどもご紹介した中佐脂肪酸ですので、
MCTオイルのような中佐脂肪酸100%の合成化合物のオイルと、ココナッツオイルのようなオーガニックなオイルを使うかによって
どちらを使うべきかを決めていけば良いと思います。もちろん多少なりとも
両者の中で成分が違ってきますが、その分お金合成化合物のオイルと、
ココナッツオイルのようなオーガニックなオイルを使うかによってどちらを使うべきかを決めていけば良いと思います。
もちろん多少なりとも両者の中で成分が違ってきますが、その分かかるコストも変わってきますし、
簡単さという意味では、ココナッツオイルでココナツコーヒーを作ったほうがはるかに簡単です。

 

ココナッツオイルならば毎朝普通にインスタントコーヒー(ブラックコーヒー)に対して
コーヒースプーン一杯のココナッツオイルを足すだけでココナッツオイルコーヒーになります。
もちろんアイスコーヒーにすることはできませんが、それでも中佐脂肪酸が60%以上取ることができるので、
ダイエット効果自体はさほど変わりません。むしろダイエットについては
それ以外の時間帯での食生活や生活習慣による影響の方が大きいかと思われます。