ココナッツオイルの使い方|ダイエット編

ココナッツオイルのダイエットに良い使い方は?

ココナッツオイル商品画像

いま、世間で注目されているココナッツオイルダイエット。
コーヒーに入れて毎朝飲んでいるという方もおられますが、せっかくココナッツオイルを買って気分一新でダイエットを始めるなら効果が上がりやすい使い方をしたくありませんか?

 

そこで、このページでは、『ココナッツオイルの使い方ダイエット編』というテーマで特集をしてみたいと思います♪

 

それでは早速始めたいと思います!

 

すでにご存じの方も多いかも知れませんが、一応念のためにココナッツオイルの特徴からお話したいと思います。

 

ココナッツオイルの特徴

ココナッツオイルが大注目されているので、ご存じの方も多いとは思いますが、ココナッツオイルの特徴について簡単にまとめてみました。

 

このまとめについては、基本的に『飲む・食べる使い方での効果の特徴』をまとめています。

 

  • 中鎖脂肪酸による内臓脂肪の分解と燃焼
  • 悪玉コレステロールにならない脂肪酸で血液サラサラ
  • 殺菌・抗菌効果で腸内環境を整えて免疫力向上
  • 便秘解消・認知症予防
  • 口臭・体臭をリセットしてくれてエチケット力UP
  • 肌代謝をあげてくれて身体の内側からスキンケア

 

大まかにまとめてみましたが、ざっと挙げただけでも、このような効果がココナッツオイルをコーヒーやホットミルク、ココアなどの飲み物に入れたり、料理に使って食べる事で得られると言われています。

 

これはココナッツオイルの特徴でもある『中鎖脂肪酸』『ラウリン酸』『ビタミンE』の働きによるものです。

 

この中でも『中鎖脂肪酸』は肝臓に吸収された時に『ケトン体』という物質に変換されます。

 

このケトン体は、すでにご存じの方もおられるかも知れませんが、内臓脂肪を分解して身体を動かすためのエネルギーに変える働きをしているので、ダイエットに効果が期待出来るんですね。

 

実は、この点もダイエットにココナッツオイルの質にこだわる事が大切な理由のひとつなんですよ。

 

というのも、ココナッツオイルの油分は、製造過程で高温処理されたりしていると酸化してしまい、中鎖脂肪酸としてケトン体を生成する働きを充分に行えなくなってしまいます。

 

ココナッツオイルは低温圧搾のコールドプレス製法の『エキストラヴァージンココナッツオイル』にこだわるべき理由はダイエットにおいてとても大切な事なんです。

 

熱で酸化してしまった飽和脂肪酸は、体内ではコレステロールとして血管を詰まらせる血栓になってしまったり、内臓脂肪として蓄えられてしまいます。

 

ダイエットのためにココナッツオイルを良かれと思って使っても、オイルの質が悪いと却って健康を崩すきっかけになってしまう恐れもあるんですよ。

 

これに対して、肌や髪の毛に塗ったり、頭皮に塗るなどの肌表面からのスキンケア的な使い方も含めると、これらのココナッツオイルの特徴的な効果はさらに増えます。

 

これらの働きが期待できるココナッツオイルを、自分のライフスタイルに合わせた使い方で自由にアレンジする事が出来るのがココナッツオイルのいちばんの特徴と魅力と言えるかも知れませんね♪

 

ココナッツオイルを飲む場合のダイエット効果

ココナッツオイルをもっとも手軽にダイエットに活かす使い方としては『毎日飲む』というのがいちばん手軽ではないかと思います。

 

ココナッツオイルダイエットの飲む使い方の種類もまとめてみましたのでご覧ください♪

 

  • コーヒーに入れる
  • ココアに入れる
  • ホットミルクに入れる
  • ホットミルクティーに入れる

 

簡単のところでいうとこれらの飲む使い方がココナッツオイルのダイエットで効果的と言われています。

 

ただし、ひとつだけ注意したいのが、ココナッツオイルは25℃以下の温度で固まる性質を持っているので、飲む場合は最低でも人肌程度の温度よりも上の飲み物に入れる必要があります。

 

冷たい飲み物に入れると、ココナッツオイルの塊が飲み物の上にプカプカ浮かぶ状態になってしまうので、“食感が悪いことこの上ない”ということになってしまいますのでご注意ください。

 

ちなみに管理人のわたしと仲間うちの間で、実際にコーヒーに入れて飲んでみたのですが、“ラーメンのスープみたいに油が浮く”ので、ブラックコーヒーに入れるのはちょっと・・・という感じがしました。苦笑

 

あくまでも個人的なおすすめですけど、ホットココアにココナッツオイルを入れて飲むのがいちばんおいしく感じました♪

 

これは、高品質なココナッツオイルの特徴でもあるんですが、物によって個体差があるものの『甘い香り』がほんのり漂います。

 

これは、未精製で溶剤や漂白などの余計な工程を行わずに絞られたココナッツオイルには程度の差はあっても共通しているものです。

 

このサイトのトップページでもご紹介していますが、ココナッツオイルには未精製の『ヴァージンココナッツオイル』を使うのがダイエットにも健康にも良いので、ココナッツオイルを購入する時に選ぶ基準にして頂けると良いかと思います。

 

未精製のココナッツオイルをおすすめする理由は、中鎖脂肪酸やラウリン酸、ビタミンEといったダイエットにもスキンケアにも効果的な成分が失われていないものを使った方が効果が実感しやすいからです。